HOME>特集>加齢に伴う脳機能に与える重要な成分はこれ

目次

抗酸化作用のある成分

服用

プラズマローゲンとは、人間の体に必要な成分であるリン脂質の一つのことで、この成分は抗酸化作用が高いため脳細胞の酸化などを守る働きがあるとされています。酸化ストレスによる様々な疾患からも守ってくれる成分ですが、加齢と共に減少しその結果、アルツハイマー型認知症などの疾患に罹患する可能性が高まります。補うためにはプラズマローゲンが含まれた食べ物などを摂取する必要がありますが、サプリが販売されていますので、手軽に摂取することが可能です。

脳に働きかける機能がある

サプリ

実際、アルツハイマー型認知症の方の脳を調べるとプラズマローゲンの減少が見られ、認知機能に疾患がある方へプラズマローゲンを投与すると、脳機能の改善や、脳内の炎症も抑えられるという結果を得ました。また、記憶力の低下を防ぐとも言われており、学習能力の向上にも期待されている成分です。そして、幻覚症状の消滅や脳機能の回復という実験結果によって、プラズマローゲンは健康補助食品としてサプリ化され、様々な企業から販売されるようになりました。その効果は運動能力に関わるという考え方もあり、脳機能の改善は運動神経の強化や音楽などの芸術性のアップに繋がるともされ、プラズマローゲンは脳に作用する重要な成分として認知されています。

広告募集中